信頼出来る葬儀社のポイント

葬儀社を選ぶ為のポイントをご紹介します。
ぜひご活用ください。

Slide 1

葬儀社選びのポイント良い葬儀社を選ぶ為にはまず、実際に問い合わせてみて選ぶと良いでしょう。
また、次の様な点に注意して選ぶと良いです。

1.誠実な態度か

より望み通りの葬儀を行う為には、葬儀社との密な打合せがかかせません。
葬儀というとまず何をすれば良いか分からないことだらけだと思いますが、こちらの質問一つ一つに丁寧に答えてくれる葬儀社が良いでしょう。

2.料金体系が明確か

葬儀において料金は皆さん気になる所だと思います。
しかし、こちらが素人なのをいいことに悪い葬儀社はさも別料金がかからないように説明をし、葬儀後に高い料金を請求してきたりします。
全て込みでいくらかかるのか、また、葬儀代金に含まれないものはあるのか(お寺へのお布施は一般的に葬儀料金には含まれません)などをきちんと説明してくれる葬儀社を選びましょう。
また、葬儀後にご焼香へ来た参列者などによって異なる会葬返礼品などについても細かく説明をしてくれる葬儀社であればなお良いでしょう。

3.葬儀社の得意な形式は何か

全国に様々な葬儀業者がいますが、やはりそれぞれ得意、不得意があります。
例えば大手な葬儀業者ならば、大規模な社葬や一般葬は得意だが、最小限で行う火葬儀は苦手であったり、逆に、地域密着の地元の葬儀社であれば、大規模な葬儀は苦手であったりします。
また、宗教ごとの葬儀ならばある程度の流れがありますが、無宗教葬の場合は、選ぶ葬儀社ごとでだいぶ雰囲気が変わってしまいます。
依頼する葬儀社が希望する葬儀が得意なのか、実績はあるのかをよく確認しましょう。

4.葬儀社がこちらの地域での葬儀に慣れているか

葬儀を実際に行う地域での葬儀に慣れているか確認しましょう。
その地域の斎場や火葬場の事情に詳しい葬儀社なら安心できますね。
また、地元ならではのローカルルールなどがある場合がありますので、そういった事にも詳しい葬儀業者を選ぶと良いでしょう。

新制度 葬祭ディレクター

1996年から始まった制度です。
厚生労働省が認定している準国家資格です。
葬祭業者に義務付けられた資格ではありませんが、1つの目安となるでしょう。
もちろん、資格を取っていなくても誠実な葬祭業者はたくさんいますので、こだわる必要はありません。


横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜まで